ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
鄞州外国向け電子ビジネス 寧波集中
2019-11-27フォントサイズ: A A A

 寧波は全国で一番最初できた外国向けの貿易電子ビジネスサービスの五つ都市の一つだ。これは地域に恵まれる寧波舟山港と寧波の良好的環境のおかげで、ここ数年来、多くの大型外向けの電子ビジネスは次から次へと倉庫運送センターを寧波に設置するようになった。それ以外、寧波市も空港物流の優位を掘り起こすのに力を入れた。寧波税関のデータによると、11月24日までに、2019年間の空港税関外国貿易輸入業務が累計で313423回、商品価格が1.6億元近く、また2019年7月から正式に外国向けの小売り業務をスタートし、商品を3000数万元輸入した。

 鄞州外国向けの集散地の運営の方、寧波展韻科学技術サービス有限会社理事長施建華は、今の外国電子ビジネスという概念はもう「国内製品を外国へ売り出す」という簡単なことではなくて、供給チェーンと販売ルートの前後産業チェーンを整備することであり、業務も製品を売るだけではなくて、運営モデルとプラットフォーム複製することもあり、この期間に、成熟チームの育成は極めて重要なことであると述べた。


【印刷】 【閉じる】