ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
第5回越窯青磁文化祭 慈渓で開幕
2019-11-15フォントサイズ: A A A

    11月14日、第5回越窯青磁文化祭が慈渓で開幕され、上林湖畔、竜窯の燃え盛る火で焼きあがった千年密色磁のストーリが今始まろうとしている。

 今回の青磁文化祭は文芸公演、展覧展示、市民インタラクティブ体験などの多様なイベントを企画され、注目を集めたのは「世の中に秘色――越窯秘色磁器特展」であり、1987年陝西法門寺で出土した秘色磁器を含め、117件の逸品を楽しむことができる。

11月13日の記者会見で、今回越窯青磁文化祭の他のイベントを紹介された。11月14日、第5回越窯青磁文化祭の開幕式が慈渓青磁文化伝承園で開かれ、青磁文化伝承園の開園式も同時に行われるという。


    越窯青磁文化祭が芸術盛会であり、市民参加の祝日でもある。文芸公演、展覧展示、市民のインタラクティブ体験などを含めるという。


【印刷】 【閉じる】