ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
海曙区 企業の発展にいい環境作り
2019-11-11フォントサイズ: A A A

    2018年以来、海曙区は4つの高能級産業技術研究プラットフォームを導入し、現在実質的にスタートし、収益が発生された。どのように「四大プラットフォーム」と優良企業を育成したのか、海曙区が難題を一つ解決された。


   多くの企業が自発的に支援を求め、帥竜特、培源、雅戈爾など海曙区の企業が寧波市知能製造技術研究院の指導の下、全く新しい知能製造最高層設計と計画を完成された。海曙区の相関部門も何度も会議を開き、企業の「外への諮問」を後押しし、研究プラットフォームの「下山献策」を励ましたのである。


 よい環境の下、企業がどんどん成長してきた。今のところ、広博グループのペン類文房具の市場占有率が全世界で第3位、全国で第1位。全国32%の藺草製品が黄古林から、昿世智源の工芸ロウソク、騰隆インドア携帯用電灯、環球娃娃の子供用チャイルドシートなど、いずれも業界で一位か二位かのレベルに発展し、チャンピオンへの表彰台へ全力でラスト・スパートをかけているという。

【印刷】 【閉じる】