ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
第二十四回寧波住博会は11月1日から開催
2019-11-01フォントサイズ: A A A

    11月1日から、第二十四回中国寧波国際住宅製品博覧会が寧波国際展覧センターで開催されている。


 今期の住博会は国内外の住宅産業製品の最新の成果と発展傾向を集中的に展示し、寧波の住宅産業を省エネ、節材と削減の方向にモデル転換・アップグレードし、建築工業化の発展と不動産供給側の構造改革を推進し、本市の不動産市場の安定的かつ健全な発展を維持・促進することができる。


 展示会は重点的に住宅産業製品の展示・販売、寧波都市発展居住環境テーマ展、不動産サミットフォーラム、市建築省エネ普及展示、中国住宅部品の新製品の発表、不働産取引政策のコンサルティング活動、2019寧波市の中古住宅交易会、最新インテリアデザイン作品展などの活動を配置した。


 今期の住博会では、全市の老朽団地改造内装運営プラットフォームが正式にスタートした。プラットフォームは、改造を実施した老朽化した団地の需要に応じて、内装の全改または一部改造を行う。プラットフォームは優先的2000年末までに交付され、使用機能は不完全で、設備の不備、公共サービスと社会サービスの不足が多く、棚改と徴収計画に含まれていない団地を改造する。2000年以降に建設されたが、特に問題があり、大衆改造の意欲が強い団地も改造対象に含まれる。

【印刷】 【閉じる】