ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
北侖の対外貿易の倍増計画
2019-10-09フォントサイズ: A A A

  より競争力の強い工業貿易の一体産業チェーンを作り、市場の強化を図る。3つの越境電子商団地の機能を発揮し、スマート物流、スマート備品から宅配小包、越境受払などの1駅式越境電子商取引のエコチェーンを構築する。物流の供給チェーンを改善し、化学製品、大口貨物などの輸入を拡大…寧波対外貿易の「先頭兵」である北侖が率先して行動し、2025年までの対外貿易倍増ルートを明らかにした。


  北侖は5つの国家レベルの開放プラットフォームを集積しており、2018年の全地域の輸出入総額は2720.5億元に達し、全市の3分の1を占め、全国シェアの約1%を占めている。経済外向度と輸出依存度はそれぞれ166%、73%である。北侖は「最大優勢」と「最大資源」の結合地であり、「225」対外貿易二つの万億元行動の実施を加速する中で、我々は港の最大資源と開放の最大優勢の作用を最大限に発揮する。寧波新型国際貿易センターの核となる地域を確立し、2025年までに対外貿易輸出入総額は6000億元に達することを目指す。


  工業団地に依存して越境電子商取引のエコチェーンを最適化する。近年、北侖越境電子商取引は全体の発展レベルが全市第一であり、霞浦物流園区、美博園区、雷度・北創園区などの越境電子商取引B2BとB2C園区を作った。次のステップで、当地域はオンライン貿易、オフライン貿易の一体化の推進、伝統貿易、新型貿易の協同補完などの原則を堅持し、区内の有力企業が海外企業に技術、設計、供給管理などのハイエンドサービスを提供し、企業が貨物輸出の基礎の上でサービス貿易の輸出を増加することを促進する。


  北侖の臨港優勢を発揮し、物流の供給チェーンを向上させる。北侖は全市最大のエネルギーと大口商品の輸入基地であり、区域の大口商品の集散機能の完備、税関の監督管理モデルの革新などのルートを通じて、中継貿易などの新興業務の展開を模索し、エネルギーと大口商品の輸入拡大を図る。


  また、大きく貿易便利化の建設を続け、次第に自由貿易関連貨物貿易の優遇政策を実施して、港の購買貿易区を強化する。さらに輸出規制仓などの外国贸易総合サービスプラットフォームの能力を向上させ、中小工企業に輸出のサービスを提供する。ビジネス環境の最適化を行い、輸出入貿易のバリューチェーンをしっかりさせる。

【印刷】 【閉じる】