ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
前湾新区リード 杭州湾南岸で「革新シリコンバレー」
2019-01-14フォントサイズ: A A A

 近日、慈渓市環杭州湾創新中心は慈渓市環杭州湾創新経済区に改名し、湾区経済にリードされ、慈渓が再び大きな前進を迎えられた。
  
 「インターネット+」を通じた伝統産業のモデルチェンジ、グレードアップが進行中ということである。環杭州湾創新経済区は新しい管理モデルを導入し、管理部門の指導の下、ピアツーピアと1対1政策を実施し、フォローアップサービスを提供し、有効的に自動車産業のインターネットプラットフォームの構築を後押ししようとする。自動車部品、ベアリング、鋳型などの産業のイノベーションも進められている。


 「イノベーションのエンジン」となり、前湾新区に貢献しよう、現在、環杭州湾創新経済区は杭湾金融港と杭湾之芯及び文旅新城を建設する計画である、また、中国科学院系統と共同で建設された二大ハイテク科学研究プラットフォーム新園区が間もなく開園されるという。「新しい発展、新しいチャンスを掴み取り、大湾区の建設に溶け込み、区域革新新システムの建設を強化し、産業モデルチェンジにサービスを提供し、美しい住みやすいイノベーションのシリコンバレーとして、「湾区知芯」になるようと」。環杭州創新経済区の責任者が言ったのである。

【印刷】 【閉じる】