ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
呉忠見本市 寧波で開催
2018-09-14フォントサイズ: A A A

 近日、2018「黄河金岸・水韻呉忠”」という観光推薦・紹介する見本市が寧波で開催され、寧波の多くの旅行会社とマスコミ関係者が参加したのである。

  

 呉忠市は寧夏回族自治区中部に位置し、「辺境地の江南・魚米之郷」と称され、寧夏の黄河金岸の景観として、最も風情のある最も生態環境のよい地域の一つである。


 調査によると、2013年から寧夏回族自治区と浙江省が重点領域での協力協議を締結した後、呉忠と寧波との2市が友好都市となり、両市は一連の協力交流活動を繰り広げられた。2018年、寧波は呉忠への観光ブームを巻き起こし、チャーター機で呉忠への観光客が延べ3500人に上った。現在、寧波~銀川の直行便が20:10往16:45復、1日1フライトでつながっている。

【印刷】 【閉じる】