ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
慈渓の共生養殖
2018-08-08フォントサイズ: A A A

    近年、「水稲と蟹の共生」、「水稲と魚の共生」、「水稲とエビの共生」などの稲総合生態養殖モデルがどんどん開発されている。このような新しい養殖方式が生物の共生原理を利用してグリーン生態養殖の目的を達成しようとする。会社の責任者がこのような生態養殖方式は蟹と稲の共生によって、稲の雑草及び害虫問題を解決することができ、よって、農薬の使用量をコントロールすることができると説明してくれた。
 水田の中に蟹を養殖すると蟹の食べ残りの餌と糞が水田に有機肥料を提供することができる。水田の中の水草、小虫が蟹の成長に栄養を提供することができる。三、四ヶ月を経ったら、水田の水稲の産量が変わらなく、その上に25キロのモクズカニを収穫することができ、水稲と蟹の豊作を実現できる。1ムーごとに1200元の増収が可能になった。そのほかに、「稲と蟹の共生」は水田の土壌改良、有機物増加の役割もある。


【印刷】 【閉じる】