ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
「奇思甬動」起業者大会 1334のプロジェクト参加
2018-08-10フォントサイズ: A A A

8月8日に寧波市大学科学技術園管理委員会によると、第4回「奇思甬動」中国創業者大会に50都市の1334項のプロジェクトの参加予定が舞い込み、その中ハイレベル人材とチームが73に上るという。

今回の大会はプロジェクトが九大革新分野を含んでいる。起業人材チームは合わせて1261のプロジェクト、その中の海外起業チームが10.1%、北京、上海、広州、深セン客が41.2%、大学起業チームが46.1%、デザイナーチームが28.3%占めるという。参加プロジェクトの中で知能ハードウエア類が7割近く、生活美学類が14%占めるという。2018年にハイレベルの人材チームが新たに増加し、ケンブリッジ大学、清華大学など多くの大学ハイレベルの人材創業プロジェクトの73項、新素材、知能装備、インターネット技術、次世代情報技術、生物医療などの領域を含んでいる。

 聞くところによると、第4回「奇思甬動」中国起業者大会の授賞式が9月下旬の2018寧波市人材科学技術週間の期間中で行なわれる予定である。


【印刷】 【閉じる】