ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
寧波初めて共同溝で水道管の移設作業
2018-07-06フォントサイズ: A A A

    写真はパイプ切断移接作業中

 7月2日の夜10時、軌道交通5号線の海晏路駅の一期工事で水道のパイプを切って、水道管の移設作業が行なわれた。


 今回の水道管移設3キロメートル、新設パイプが共同溝内で最長約400メートルと、3つの接点、34時間かがりで、前段階排水、水道管の切断、後段階汚染物質排出の作業が行なわれる。共同溝の空間が狭いため、大型機械が使えなく、地面パイプと共通溝と間の高い落差が存在し、工事の困難さを増してきた。

 

  紹介によると、作業量が大きく、時間が短く、環境も苦し中、2チームが順番交代しながら工事を進めている。

 

 調査によると、溶接の正確性を保証するため、技術者がパイプの走向と位置、溶接作業などを念入りに確認していた。

 

【印刷】 【閉じる】