ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
科学技術の「智恵星」千名 農村へ農業指導
2018-07-06フォントサイズ: A A A

 7月4日、寧波市科学技術局によると、科学技術特派員1051名の名簿が公表された。その中、博士239名、修士346名、大学卒303名、専門学校163名、高級職階547名、中級職階276名。ほかに、寧波市「寧波大学海水カニ養殖科学技術特派チーム」などの165科学技術特派チームが全市の10の区と県(市)の農村企業・国家機関にサービスを提供することになった。


 科学技術特派員は多くの科学技術研究者を現地や現場へ科学技術的創業や科学技術サービスの提供を展開する一つの重要制度である。2013年から、寧波市は累計科学技術特派員延べ3000人近く、創設された農業企業200社近く、農業新技術を3000項導入され、一万世帯の農家に収入増をもたらしたのである。

 

【印刷】 【閉じる】