ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
第7回寧波国際大学生祭 開催
2018-07-04フォントサイズ: A A A

 7月2日、寧波市外事事務室、市教育局の共主催で第7回寧波国際大学生祭が開幕し、寧波で留学しているおよそ100人あまりの大学生が一堂に集い、多元化文化の魅力を体験した。


 2007年に寧波第1回国際大学生祭が開催以降、全世界の30余りの国からおよそ1500名の大学生が参加した。留学生らが名所旧跡を見学することを通じて、中国伝統文化を体験し、寧波の歴史や文化、経済発展、社会生活などについて、全面的に理解してもらった。寧波の影響力を高め、中国の文化と言語普及するためのプラットフォームを作り上げた。


 聞くところによると、今回の寧波国際大学生祭は4日間にわたり、およそ20か国の100あまりの海外大学生が一連の友好交流活動に参加するという。中国の伝統的な書画やDIY手芸アクセサリの製作をしたり、中国の銘菓子を味わったりした。主催側が慈渓鳴鶴古鎮、方家河頭村などを訪れ、中国の美しい田園風景と民俗文化を体験した。7月5日の夜、浙江紡織服装職業技術学院で閉幕式が協力して盛大に行なわれるという。

 現在、寧波市におよそ30あまりの国から5000名ぐらいの留学生、1300名ぐらいの外国人教師と専門家がいるという。

【印刷】 【閉じる】