ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
寧波杭州湾新区 「外部頭脳」を導入
2018-07-12フォントサイズ: A A A

「外部頭脳」を利用して科学技術のイノベーションを図ることは、多くの企業家にとって、大量の金銭投資が必要だと考えられている。近日、新区の人力資源と社会保障局によると、2018年吉利自動車グローバル研究開発本部、華徳自動車、康龍化成などの3社の7名の外国籍専門家を寧波市「海外エンジニア」に入選され、補助金を獲得した。3つの企業が市レベルの140万の補助金を獲得したほかに、区レベルも同等額の140万元の補助金を獲得することができる。つまり、企業たちが専門家の給料を払わずに、逆に市と区の合わせて280万元の補助金をもらえる。

 政府が資金を使って、「外部頭脳」を導入して、杭州湾の建設に使っている。現在まで、新区には49名の優秀な外国籍の専門家が寧波市の「海外エンジニア」に入選され、科学技術への投資がリアリー上演している。


【印刷】 【閉じる】