ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
絶滅の「東方センソウ」を保護
2018-06-13フォントサイズ: A A A

 最近、全国初野生トタンセッコク自然保護パークは余姚鹿亭郷で成立した。  野生トタンのセッコクは『国家重点保護野生植物名簿』(第2期)に入選され、国家重点1級保護植物に属すると同時に『国家重点保護野生漢方薬リスト』に入選される薬草で、「東方センソウ」と称される。いろいろな原因のため、野生トタンのセッコクはすでに絶滅に近いとされている。

 2012年5月、鹿亭郷岩壁の1か所に、野生トタンセッコクのような植物が発見された。2015年8月、林業機関の専門家に、この植物は本当のものだと認められた。この珍しい仙草を保護するため、浙江省林業庁の許可を得て、野生トタンセッコクが発見されたところを自然成長保護団地として保護されるようになった。

【印刷】 【閉じる】