ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
寧波地元芸術祭 学生文化自信増加
2018-06-11フォントサイズ: A A A

 毎年の5、6月は、各学校はみんな勢いでさまざまなキャンパス芸術祭を行う。鎮海職業訓練センターの2018年芸術祭はバリバリの寧波風をこめ、学生に一回の寧波元祖を捜す旅を始めせえた。


 国語チームの虞則宴先生が開設した『寧波に入ろう』という授業を庄市街道邵逸夫旧居で再開し、学生たちは、青黒色の壁に灰色の瓦、彫刻の柵に朱色の梁の中を歩き、邵逸夫の育つ経緯を経験した。


 「芸術祭を一つの育成課題として開いてほしい、2018年のテーマは地方文化の中から養分を吸い入れ、掘り出されて、将来、私達は学校の3創教育に結び付け、学生の文化自信を強めたいと」この学校校長の張建強が述べた。

【印刷】 【閉じる】