ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
寧波開発 「学習可能のロボット」
2018-06-11フォントサイズ: A A A

 革新は発展の「原動力」で、正に多くなる革新の力の集まりであるこそ、寧波の経済がやっと力強いエネレルッシューが沸き上がる。寧波高新区(新素材科学技術パーク)には、このような革新創業の団体があり、彼らは知恵と才能を使い、都市のために力を蓄積し、努力して、励ましの精神を輝かせていく。


 神経元のデータがおよそ10億近くあり、言語表現語彙が3億近くある知識が百万近くの領域をかばっている。これらの知恵データを集める人工知能の「スーパー頭脳」をロボットの中に入れると、どんなことが起きるか。最近、高新区の関係機関によると、寧波薄言情報技術有限会社は中国語の自然言語で技術開発した「薄言豆豆」に会話した第二世代製品はあとて何ヶ月したら、正式に登場するという。

【印刷】 【閉じる】