ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
「一人一芸」 全民芸術 芝士公園で
2018-05-09フォントサイズ: A A A

   5月7日、寧波日報報業グループと万科グループが共同に芝士公園で市の文化館と一緒に、寧波音楽庁で「一人一芸」の全民芸術普及基地の契約式を行われた。芝士公園が寧波文化芸術養成センターの次に第二個の「一人一芸」全民芸術普及基地だ。


 芝士公園が寧波初めての素質教育の総合体だ。芝士公園には、音楽、舞踊、体育、美術、優能、SETM、入学前教育などの7大の学習センターがある。全国及び全市の50社あまりの教育養成機構を募集し、市民たちに百以上の優秀な課程を提供することができる。

【印刷】 【閉じる】