ホーム
> 寧波ニュース > 写真ニュース
半分が海 半分が沙
2018-05-09フォントサイズ: A A A

  近日、長さ1.88キロの寧波濱海万人砂浜の建設が完了した。青い海に金色の沙という美しい景色が見れるようになった。この項目が梅山水道の南堤防の北側に位置している。洋沙山と春暁明月湖と隣り合う。植物の栽培などの仕事が現在緊密におこな話ている。この砂浜が2018年7月の終わり頃にオーペンする予定だ。

【印刷】 【閉じる】