ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
余姚の四明山の省レベルのリゾート 投資額96.76億元 
2018-05-14フォントサイズ: A A A

    省政府により、四明山のリゾートの建設が許可された。リゾートが「多彩四明・赤色革命地」をイメージに、寧波の山水人文資源の核心、揚子江デルタ地域の避暑地及び国家高山避暑の観光地として建設される。


 四明山の省レベルの観光リゾート区は東が33省道の東側まで、南が四明山国家森林公園の南門の入り口まで、西が余姚梁弄鎮汪巷村まで、北が梁弄鎮東渓村まで、総面積が40.44平方キロ、総投資額が96.76億元で、建設時間が2017年から2026年まで。リゾートが「一心、一帯、二区」という空間の配置をし、特色がある項目の導入を通じて観光の機能を強化して計画だ。

【印刷】 【閉じる】