ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
象山初のマグロ釣り船
2018-05-11フォントサイズ: A A A

     この間、「舟遠漁2601」マグロ釣り船が象山鶴浦鎮の寧波博大船業有限公司に製造され、順調に進水式が行われた。現在まで、象山県初めての450トンレベルのマグロ捕獲船の建設が全部完了し、マグロ産業の国際競争に堅実な保障を提供した。


    話によると、現在、このマグロ捕獲船チームが6隻の船があり、進んだナビーが付けられ、魚類探索設備なども備われ、投資額が1.3億元に達した。チームが寧波欧亜遠洋漁業有限公司傘下の舟山海宏遠洋漁業有限公司に所属している。


    延線釣りが広い漁場に、洋流が緩やかな海域に適す。基本的な仕組みが一本の糸では、多くの糸と繋がり、末端には釣り針と餌を付けてある。

【印刷】 【閉じる】