ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
餘姚 ロボット取引市場
2018-05-11フォントサイズ: A A A

    5月9日、デルタ地域ロボット博覧城企業は永久的にスマート装備応用展示会が参加することの起動儀式が餘姚で行われた。これはデルタ地域ロボット博覧城が正式にオーペンすることを示している。博覧城が120社のスマート製造企業が集まり、今までの取引額が20億元に達した。


 デルタ地域ロボット博覧城が鉄道の餘姚北駅に位置し、総建築面積が1.57万平方メートル。これが全国初の鉄道駅にあるスマート装備と応用を師範するモデル基地で、国内初の総合的なロボット取引市場でもある。博覧城には装備の展示、企業のインキュベーター、ロボットの科学普及、スマート製造の人材訓練基地などの機能が備えてある。市場をベースにして、ネットでの購買、そして出荷などの実務も行っている。

【印刷】 【閉じる】