ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
寧波初めての障碍者総合サービス・プラットフォームを開園
2018-04-09フォントサイズ: A A A

 寧波初めての障碍者総合サービス・プラットフォーム――鎮海区澥浦鎮の障害者の友の園が近いうちに正式に開園され、障碍者に職業技能の育成訓練、リハビリテーション、看護などを全面的にサービスを提供するという。


 2018年の年の初め、澥浦鎮中平粉末冶金会社とおよそ40人の障碍者と雇用契約を結び、最低賃金の保障と「五保険一金」の納付を保証し、プラットフォームによってこの従業員たちの日常管理を担当されるということである。

【印刷】 【閉じる】