ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
寧波演芸グループ 民族舞踊劇『花木蘭』北京で公演
2018-04-06フォントサイズ: A A A

 中央オペラ劇場「新春公演」に招かれ、寧波民族舞踊劇『花木蘭』が4月3日の夜、北京保利劇場で初めての公演が行なわれ、これは去年北京国家大劇場の初公演に次いで、1年間で2回目の北京公演となった。


 中央オペラ劇場が春を迎え、2018公演を企画し、『紅色娘子軍』のほか、「新春公演週間」で16場の公演が行なわれ、オペラ、舞踊劇、コンサート、朗読会など7種類の異なる形式で演出されるという。民族舞踊劇『花木蘭』が中央オペラ劇場と寧波市演芸グループとの「共同協力、強者連合、資源共有」を結んだ後、製作された劇で、大きな期待が寄せられた。

【印刷】 【閉じる】