ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
快速に推進している杭州湾新区の建設
2018-04-16フォントサイズ: A A A

    統計によると、杭州湾新区の第一四半期の12個産業類の重大項目の中に、8つの項目が計画より速く進んでいる。


 車産業が新区の支柱産業だ。目下、吉利DMA項目が自動化、情報化、知能化を目標にして設備の取付けとテスト調整を行っている。6月にテスト生産を開始、10月に正式に生産をスタートする。吉利バッテリパークと座席工場項目の杭打ち作業が完成し、現在は主体の建設に入り、計画より3ヶ月も早くなっている。


 医療と教育資源が新区の国際化濱海名城建設の重要の一部である。今年10月に運営する予定の寧波市杭州湾病院が現在、大型医療設備の申告に忙しいだ。濱海新城に位置する濱海小学校がインテリア建設段階に入り、今年の9月から新入生を迎える準備に励んでいる。


 知能末端産業園が壁装飾の段階に入り、来月から使用開始予定だ。園区の生活区域の第一期工事が9月に住宅ビルを完成し、12月に全部完成する見込みだ。

【印刷】 【閉じる】