ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
「舌の先の安全」を厳重保護
2018-04-13フォントサイズ: A A A

    寧波では、「田んぼから食卓」の距離は、「舌の先の安全」が覆う軌跡だ。5年間以来、わが市は食品安全を寧波平安建設の重要な一環としてやり遂げてきた。市民たちの声と訴求を聞きながら、積極的に長期的に厳しい防御体制を作り、市民たちに安心に食べれるように努力する。


    現在まで、全市の153の郷鎮(街道)に食品安全委員会と食品安全弁公室を設立し、3152の村(社区)には11884名の協力管理員と情報員がいて、全面カバー、全面監督、全員参加の体制を整えている。


    2017年11月まで、わが市は683軒の「サンチッキン」を新しく作った。累計「サンチッキン」の数が3144軒で、その中に社会一般飲食店1446軒、学校の食堂1482軒、養老機構の食堂34軒、国有企業の食堂182軒があり、全省では、先頭に列している。

【印刷】 【閉じる】