ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
寧波 春の耕作開始にいいサービスを
2018-03-09フォントサイズ: A A A

37日、奉化区江口街道塔山団地の広場が「科学技術定期市」に変身された。四方八方から駆けつけた人々が雨の中で科学技術普及の農業技術専門家に教えてもらい、先進的な農業用機械に興味を示し、使用方法も説明してもらった。

   

  2018年は寧波市で全面的に農村振興戦略を実施し、高い水準で緑色都市農業を振興する肝心な一年である。寧波市は「152211」のプロジェクトを実施し、近代的農業発展の大きなプラットフォームを作り上げ、2020年までに、寧波市で15の省レベル以上農業園、20の特色農業強鎮、20本の億元以上の農業産業チェーン、100の美麗田園模範基地、100の近代的農業荘園、緑色都市農業模範地区の建設を進めるという。


【印刷】 【閉じる】