ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
チューリップを見に行きましょう
2018-03-07フォントサイズ: A A A

    公園の品質を上昇して、もっと美しい公園の景観を作るため、わが市の都市管理部門が日湖公園の「桃渓観魚」の外側の滝と「5号空間」の向かい側の大草地でチューリップの球根を栽培した。合計面積が約900平方メートルだ。展示されたチューリップの品種は、ドジュンス(Dow Jones)、ゴールデン、小王子、紅色イメージ、フランスの光、小黒人、カローラの7種類で、合わせて3万株余りがある。


    チューリップの展示がすでに連続3年間に日湖公園で行われた。わが市の春を迎えるもっとも重要な文化活動の一つになっている。異なる品種の組み合わせによって、さまざまな「模様」を作り出し、芸術的にチューリップの美しさを表す。


    チューリップが春の初期に開花する植物で、花の開催期間が約25日間ある。模様花壇は濃厚なエキゾチックな情緒がある。お花が好きな市民たち、お早めに日湖公園へ花見に行きましょう。

【印刷】 【閉じる】