ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
寧波演出芸術グループ ニースカーニバルの閉幕式のリハーサル
2018-03-05フォントサイズ: A A A

    話によると、2月27日の夜明けかかる頃、寧波市演出芸術グループ一行が寧波・ニース国際カーニバル活動の代表としてフランスへ赴いた。全面的に2018年寧波・ニースカーニバルの工作の引受け準備を行う。今回のカーニバルはEU旅行委員会、ニース市政府、寧波市政府が連合指導を行う。寧波演出芸術グループは寧波旅行アピール会の演出とカーニバルの閉幕式の出演を担当する。


    現地時間3月1日、ニース市政府ホールの記者会見では、2018年寧波・ニースカーニバルのことを公布した。寧波旅行アピール会では、寧波河姆渡文化、海上シルク文化、陽明文化、商業文化、陶器文化、花嫁文化どのが続々紹介された。その中に、寧波演出芸術グループが心を込めて用意した舞踊『寧波イメージ』と舞劇『十里紅粧・娘の夢』の一部分の『竹馬の友』がよく注目され、中国の風情・浙江東の風俗と寧波文化がよく表現されていた。すがすがしい香りを含む油傘が江南独特な魅力を展示している。紅色の鳳凰の形をあしらった冠、赤いウェディングドレスと相まって、東方の結婚特色をよく現している。多くの外国人が「花嫁」の写真をいっぱい撮った。

【印刷】 【閉じる】