ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
ロシアレーピン美術学院芸術家 寧波訪問
2018-03-02フォントサイズ: A A A

    寧波を訪問されているロシアレーピン美術学院教授、ロシア人民芸術家アレクサンダーベストローフは華茂美術館で展示している自分の作品の前に立って、喜んでならなかった。これだけではなくて、寧波でハイレベル且つシリーズ収集しているロシア(旧ソ連)の油絵の逸品を見ることができて、更に喜んでいる。

 ベストローフが、この長さが6m、幅が2.5mの作品はロシア民族英雄アレクサンダー・ネフスキーがドイツ騎士団と死力を尽くし勝負をし、決定的な猛攻するシーンを描写していると述べた。この絵は2016年に華茂美術館に収集されてきた。「ネフスキー」という名前は現在ロシア軍隊の英雄の名前をかけられるのは、その歴史地位が明らかになっただろう。彼の事績は甚だしきに至っては一つのロシアことわざを派生し、つまり「剣を持ちながら、ロシアに入る人は、きっと彼を待つのは壊滅なことだ」。これもベストローフが愛国心を込めて、作品を作成した初心だという。その時、寧波市民は油絵作品を通して、全面的にロシア民族の歴史文化の基盤と伝わっている人情を味わうことができるだろう。


【印刷】 【閉じる】