ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
寧波市婦幼病院 国家級幼児初期発達訓練センターを
2018-03-12フォントサイズ: A A A

 市婦病院によると、当病院はすでに国家級幼児初期発達訓練センターを設立し、これは幼児初期発達訓練が国内の一流のレベルに上ったという。

 ここ数年、「生命の最初1000日」のニューコンセプトが多くの関心を引きつけた。生命の最初1000というのは懐妊の日から、誕生後の2歳までの乳幼児の時期のことで、270日の妊娠期プラス二年の730日、ちょうど1000日になる。生命最初の1000日は一生に対して極めて重要な時期で、人体組織、器官、身体が発育し成長していくわけである。

  寧波市婦幼病院の子供幼児発達訓練センターは「生命1000日を大事に」のサービス理念を旨に、妊娠前から、妊娠期間、出産、産後、養育などすべてのサービスを提供するのである。

【印刷】 【閉じる】