ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
中官路双創大街 起業生態でイニシアチブを
2018-02-07フォントサイズ: A A A

中官路起創業創新大街は建成され、壁に写っているプロモーションビデオと地面での企画実演図が順番に放映され、人に新鮮感を与えている。

市大学科技園を核心とし、中官路沿線には既に1000社以上の創業創新企業と10あまりの創業創新プラットフォームが集まっている。それを拠点に大街は時間と争い、スピードアップし、全市ハイレベルの創新資源集中のハイテクランドマーク作りに全力を尽くしている。

土地資源は有限だが、政策はコピーできる。良質な創業生態こそ「外引内育」の基礎である。去年、大街沿線には、「国千」創業チームを四つ、市トップランナーを二名、博士を7名と大学院生を72名を誘致した。

定期的に「双創パーティ」を開催、業界間の交流合作で創業生態を活性化させようとしている。

市大学科技園は更に企業のニーズに基づき、数回の現場サービスを提供している。鎮海区の各大銀行は園区企業に個性定期的なサービスを提供している。18社の企業は成功に基準利息ローンを申請、2900万元のローンを獲得した。今年、区レベルの各部門も園区に足を運び、企業の疑問に答え、より正確なサービスを提供できる体制を整えた。

【印刷】 【閉じる】