ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
慈渓 全力手経済発展を促進
2018-02-07フォントサイズ: A A A

2017年以来、慈渓は全面的に創新技術、金融、人材、土地、公共サービス、引導政策などの要素で、実体経済のハイレベルの発展を促進した。去年、慈渓は固定資産投資額は839.53億元で、市のトップに位置、規模以上工業総生産高は2820.73億元で、去年同期と比べ20.3%増加した。

他人の智恵を借りて、研究開発を行い、ハイレベル人材導入難問題を解決した。去年の6月、慈渓は杭州で「人材飛地」を作り上げた。半年も経たないうちに、6116.18平米のハッカースペースには15社の400名あまりの研究開発人材が集まった。

土地は最も基本的な生産要素である。慈渓は土地使用権利50年譲渡期に基づき、更に30年の譲渡期を延長した。現在まで、615.2畝の工業用地を譲渡、1億元あまりの企業コストを削減することになった。

と同時に、率先的に工業用地2級市場取引プラットフォームを建て、条件を満たす工業用地がプラットフォームでの譲渡を許可した。企業資産を活性化すると同時に、慈渓市「大衆企業、万衆創新」にプラットフォームを提供することとなった。

【印刷】 【閉じる】