ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
中国港博物館 春節を迎えるイベント展開
2018-02-14フォントサイズ: A A A

戌年春節を迎える際にして、北侖春暁に位置している中国港博物館は多くのイベントを催し、春節を迎える。その中、「私は港博とともに成長する」という春節イベントは親子イベントとして開かれてる。

 紹介によると、中国港博物館で展示されている『私は大昔から歩んできた――先史寧波人の生活』は2018年3月18日まで続く。『親子は福を迎え、犬は幸福を報じる』イベントは2月18日午後港博A区4階のソーシャル教育活動区で催される。2月19日午後ソーシャル教育活動区で開かれる『親愛な母親の手の中の糸、ベビーの福を着せる』というイベントは、主に中国古代服飾と唐の服を縫製する内容で、20日午後に春暁街道民豊村もち坊で、催される『おもちは毎年あり、高利子を期待する』イベントは、主に石をおして、もち作りをすることである。25日午後ソーシャル教育活動区で催される『15日の夜、灯籠をつける』イベントは、主に元宵節の歴史およびカトン灯籠を作るという。


【印刷】 【閉じる】