ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
1月寧波港酒類輸入 同時期7割増加
2018-02-14フォントサイズ: A A A

寧波検査検疫局によると、寧波港は今年1月各種酒類を894回輸出し、商品価格が3733.4万ドルを超え、去年同時期に比べて、49.0%と71.9%に達している。その中に、フランス、オーストラリアとスペインから輸入している酒が最も多くて、全部輸入酒類の7割を占めている。

 酒輸入増加は、主に市場ニーズが増加したからである。ここ数年来、ワイン、リキュール、ラム、IZZなどの種類は豊富な口当りと多くの消費者を以って、さらに市場占有率を増やすことがわかった。30代や20代の人たちは、ますます種類の消費者の主な団体となった。彼らは、新品種、新味のニーズによって、種類消費は、グローバル化、ヤンガー化、ハイエンド化、日常化の傾向があり、酒類輸入市場を広げた。そして、中国の春節が到来したので、酒類製品の販売量はいっそ上回り、輸入酒類のニーズはさらに増えている。


【印刷】 【閉じる】