ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
第四回少年児童美術創意展 開催
2018-02-12フォントサイズ: A A A

2月10日、第四回目少年児童創意展は117芸術センターで行われた。展覧のテーマは「犬の告白」であり、子供たちは幼稚な筆遣いと奇妙な構想で、さまざまな犬を主題とする作品を描いている。

紹介によると、今回の少年児童美術創意コンテストは2017年10月に開始して依頼、大いに注目され、美術が好きな子供たちから2200点以上の作品が取り寄せられている。これらの子供の年齢は10歳以下で、幼稚園園児と三年生以下の小学生が殆どである。

10日の展覧現場では、また「犬犬落書き」公益活動と「美楽サイン」の親子活動も行われている。それを通して、子供に違った芸術の表現方法、違った情景創設、違った描き方を身をもって感じさせようとする。

今回の展覧は3月4日までに続く。3月3日には、主催側はまた児童水墨体験活動を催す予定となっている。


【印刷】 【閉じる】