ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
海曙区 消費品工業供給側改革「モデルケース」作りに着手
2018-02-12フォントサイズ: A A A

工信部の公表した2017年消費品工業「三品」戦略手本都市リストには、海曙区は全省唯一の入選地区として、全力的に消費品工業供給側改革「モデルケース」作りに全力を注いでいる。

紹介によると、「三品」戦略の主旨は品種増加、品質向上、ブランド作りを投資て、消費品の有効供給能力を高め、消費者の生活品質を高めることにある。全省有名な消費品工業集中地として、海曙区には雅戈璽、杉杉、太平鳥、博洋などの紡績服装大手企業が集まっている。ファッション紡績服装産業は全国地域ブランド建設の「試験区」となり、黄古林草席、广博文具、龙騰户外などのブランドも名声が一気に高まり、細分業界の「シングルスのチャンピオン」となっている。

消費品供給のレベルアップを促進するために、海曙区は紡績服装企業の大データ、AR、マルチ製造などを利用、生産効率を高め、個性的なニーズに満たすと同時に、業界間の融合、紡績服装、電子部品、新材料などの産業基礎を展開することで、模擬現実ハード設備、着用できる医療健康設備、マルチ服装装飾など新興消費の開発に取り込んでいる。

【印刷】 【閉じる】