ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
杭州湾新区越境EC発展迅速
2018-02-12フォントサイズ: A A A

お正月が近づき、多くの市民はお正月用品の購入に取り込んでいる。越境ECの発展に伴い、より多くの選択が与えられている。アメリカのアーモンド、ニュージーランドの蜂蜜、フランスの葡萄酒、チリのチェリー......買い物リストには「輸入品が増えつつある」。天猫国際の杭州湾新区輸出加工区に位置している基地は天猫国際お正月用品の「主な戦場」となっている。

去年は新区越境EC「爆発式」増長の一年である。取引高は数回も新しい記録を更新していた。最新統計データによると、2017年、新区は合計896.4回注文の輸入商品を検査、商品価値は16.4億元で、去年同期と比べ、30倍近く増えている。年間で合計6702回注文の輸出商品を検査、商品価値は2.74億ドルであり、去年同期と比べ、134.3%増え、主にアメリカ、イギリス、ドイツ、インド、ロシアなどの国に輸出していた。

現在、新区輸出加工区では、5万平米の越境倉庫は既に建設中で、多くの電子商大物は新区加工区の発展趨勢を高く評価、近いうちに入居する見込みである。


【印刷】 【閉じる】