ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
第六回寧波文学ウィーク
2018-12-05フォントサイズ: A A A

    第六回寧波文学ウィークが12月6日に開かれる予定だ。国内の文学名人と有名な出版社の編集長が寧波に集まる。第六回寧波文学ウィークには文学作品の審議と表彰、文学作品の推薦、研究議論、シンポジウム、中国作家協会会議の五つの部門の20項目あまりの活動がある。


 『文学港』雑誌の「儲吉旺文学賞」、第三回「於梨華青年文学賞」、「華語新声」SF小説投稿募集の三大賞が12月6日に公にする。話によると、「儲吉旺文学賞」がすでに12月5日に審議を完了した。7つの作品(2つ10万元の大賞と5つ2万円の優秀賞)が起動式で公表する。また、当日には3名の本土青年作家が「於梨華青年文学賞」をもらえる。


 第六回寧波文学ウィーク期間、寧波市図書館が文学名人の講座を開き、図書を農村部へ、新しい図書の発売なども行われる。著名作家の徐則臣、穆涛が文学愛好者に専門の座談会を開く。文学名人が寧波の舟山と岱山島へ地元の作家と交流を行い、海洋文化と海洋文学に関することを探る予定がある。

【印刷】 【閉じる】