ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
国家海洋経済発展模範区
2018-12-05フォントサイズ: A A A

    近日、国家発展改革委員会、自然資源部が共同に『海洋経済発展模範区を建設するに関する通知』を公表した。寧波を含めて14の海洋経済発展模範区の設立が許可された。

    

    浙江省が海洋経済発展模範区の核心区になった。近年寧波海洋経済の持続的な成長がすでに全市経済成長の重要なエンジンになった。前期のテスト期間に経験、システムとモデルと提供する。もっとハイレベルの国家経済発展の戦略サポート分野において、寧波が積極的に国家レベルの海洋経済発展模範区の建設を行う。「国家海洋経済発展模範基地」を巡って、「国家海洋経済発展模範区」、「国家海洋総合管理システムの実験基地」を建設する。「一体二湾多島」を構築して、合計149平方キロがある。その中に「一体」とは象山半島を模範区の主体で、重点的に海洋工程装備区域、海洋スマート科技区域、海洋リゾート(映画)区域、漁港経済区域を建設する。主に象山県に位置する。面積が約105平方キロ。「二湾」とは、象山港湾と寧波三門湾で、象山港湾が主に海洋リゾートを建設する。寧波三門湾が主に海洋生物医薬を建設する。主に奉化と寧海に位置する。「多島」とは象山半島に囲む若干の島で、それぞれ対応の機能を発揮する。

【印刷】 【閉じる】