ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
 図書館を地下鉄へ
2018-12-03フォントサイズ: A A A

 寧波市図書館が地下鉄に搬入された。12月1日、240冊の図書を収容できる「天一約書」信用貸出カウンターが地下鉄鼓楼駅のA口にで設立された。これは寧波市図書館初めて館外での貸出カウンターだ。

2017年11月から「天一約書」というサービスを提供した以来、貸出図書がすでに6万冊を超えた。市民たちがヴィーチャードとアリペイを使って、約2.5万冊の図書を利用することができる。     

「天一約書」の重要な媒体として、信用貸出カウンターが図書の貸出、返却、取る、リサーチなどの機能が備われている。ゴマ信用は550点以上の読者がアリペイに通して、無料で利用することができる。


【印刷】 【閉じる】