ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
杭州湾新区の「デジタル経済」
2018-12-03フォントサイズ: A A A

2017年の下半期、杭州湾新区がスマート末端産業園を建設するという決定を下った。スマート末端産業を今後の重点発展産業として発展させていこうと計画している。2018年、寧波市の『政府工作報告』では、明確にデジタル経済を「第一号プロジェクト」として実施していくと書かされた。スマート末端産業を育成して、寧波杭州湾新区のスマート末端産業園を建設する目標を掲げた。

    寧波市の「第一号プロジェクト」デジタル経済の重要媒体として、新区のスマート末端産業園がスマート車、スマート家電、移動末端、この三つのスマート領域に集中して、五年間をかけて少なくとも30社以上のスマート末端産業研究開発機構と100社以上のスマート末端産業の生産企業をを導入する。健全なスマート末端の産業チェンと生態チェンを建設して、華東地域で最も影響力があるスマート末端産業の集積地になることを目指している。


【印刷】 【閉じる】