ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
  軌道交通のチケット共用
2018-12-03フォントサイズ: A A A

12月1日、揚子江デルタ地域「」(=上海、杭州、寧波)の軌道交通のチケットが共同使用することができるようになってきた。寧波市の市民が寧波地下鉄APPを使って、上海でも使えるようになった。同様に、上海の地下鉄のAPPを使って、寧波と杭州でも利用できるようになった。

揚子江デルタ地域の一体化という国家戦略の実施に従って、寧波の軌道交通が上海と繋がり、揚子江デルタ地域が徐々に融合されていく。上海地下鉄が揚子江デルタ地域のチケットの共用を積極的に推進し、寧波軌道交通も積極的に受け入れる体勢を取った。2018年8月と10月、揚子江デルタ地域の軌道交通の企業が上海と寧波で会議を開き、寧波、南京、杭州、合肥、蘇州、無錫、温州、常州などの都市の軌道交通の一体化を図った。滬甬(=上海と寧波)などの交通企業が戦略の高度から出発して、「互いの利益を守り、自らの意志で参加する」という理念の元に、アリペイ、優城地下鉄などの技術のサポートで、積極的に揚子江デルタ地域の交通サービスの一体化の建設を行い、都市間のエコ交通を促進した。


【印刷】 【閉じる】