ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
海曙区の四明山区域 寧波のグリーンリビングルームへ
2018-12-14フォントサイズ: A A A

 12月12日に海曙規画支局によると、『海曙区四明山区大花園規画研究』(以下『研究』と略する)はすでに専門家による評定と部門審議を通じ、将来、海曙区の四明山区域は「海曙大花園、寧波の客間」を作り上げ、「町の裏花園から町のグリーン客間」への転換を実現させようとしているという。


 海曙区の四明山区域は、山もあり水もあり、森もあり田もあり、大花園になる条件を揃えている。海曙区の四明山区域は人口13万人、緑を守りながら、高品質の発展と高品質の生活を両立させ、良好な結びつけを実現させるのは海曙区四明山区域発展の根本的目標である。


 海曙区四明山区域は「七分は山地、二分は田畑、半分は水、半分は地」という生態資源が優れている。赤い文化、水の文化、府治文化、農耕文化など多くの有形と無形文化が受け継がれている。歴史文化名村の8村、A級以上の観光村の22村、村落が地域の特色資源を具現化している。

【印刷】 【閉じる】