ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
鄞州区初のミニガーデン 登場
2018-12-10フォントサイズ: A A A

                  写真は長豊のミニガーデン

 寧南南路の横にミニガーデンが現れた。聞くところによると、鄞州区の行政総合執法局の細かな心遣いで精致なミニガーデンを造ったのである。

 

 寧南南路は「古韻寧南」に立脚し、道路の曲がり角に12か所のミニガーデンを新たに設置した。例えば、寧南路と後廟路の南東部に、瓦の壁に醸酒の情景を壁絵に、酒壺、酒がめ、植物、白沙を配置しアレンジし、し、花の世界に変貌された。また、寧南路と環城南路北東部のわき道、砂利道が通じる芙蓉やカタバミの花が静かに佇まい、ミニガーデンがそこにある。

 

 「緑の満ちる名城、花の咲きあふれる都市」の指針に沿い、緑の豊かな小さなミニガーデンを都市大花園につなげていこうとしている。2019年、鄞州区は管轄区域の文化特色に結び付け、それぞれ区域でミニ景観を作ろうと、都市の緑化景観を高めようとしている。

【印刷】 【閉じる】