ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
多くの大物が寧波の未来を語る
2018-11-09フォントサイズ: A A A

    大物の盛会がいよいよ寧波で行う。2018年中国オーペン論壇、即ち雪トウ山グローバルブレーンシンポジウムが11月9日に奉化で行う予定だ。その際、多くの国内外の専門家と学者たちが集まり、寧波の未来について検討しあう。


    2008年から今日まで、国務院発展研究センターと浙江省人民政府が主催、中国経済時報と寧波市人民政府が共済する「中国開放論壇」が寧波で連続六回に行った。


    11月9日午後、「雪トウ山グローバルブレーンシンポジウム」を行う予定だ。日々に激しくなるグロバールの挑戦に対応するため、国連2030年持続発展可能な目標を実現するため、今回のシンポジウムが「グローバル発展管理改革及び中国の役割」をテーマにして、主要国のブレーンを招き、海外の知恵を借りて、世界の平和と発展に策を練る。

【印刷】 【閉じる】