ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
寧波電力のロボット
2018-11-07フォントサイズ: A A A

    11月6日、国家電力の寧波電力会社によると、近日、ドイツで行われた70回ニュルンベルク国際発明会では、国家電力寧波電力会社の「光ファイバー遠距離交換ロボット」が金賞と特別賞を獲得した。唯一に発明家協会国際連合会(IFIA)に認められ、特別賞を獲得した中国科技製品だ。


    この「光ファイバー遠距離交換ロボット」がどのように発明されたのか。国家電力の寧波電力会社の現場の作業者は光ファイバーの芯の交換がなかなか大変だと気づき、そのため、2009年から、光ファイバーの芯の遠距離交換のことを研究開発し始めた。設備を開発して、遠距離の操作が可能になった。日常のメンテナンスには、もともと4時間もかかる仕事だが、現在この設備を利用すれば5分間で済むことができるようになった。大量なヒトとモノを節約することができ、光ファイバーの交換方式を革命的な変革をもたらした。

【印刷】 【閉じる】