ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
中国とウクライナの新材料産業技術研究院の設立
2018-11-02フォントサイズ: A A A

    10月31日、鎮海区と寧波工程学院、ウクライナ国家科学院科学部が共同に契約を結び、中国・ウクライナ新材料産業技術研究院を設立した。


 契約の内容によると、この研究院は中官路の双創路に位置し、トータル建築面積は13000平方メートル、第一期の投資額は5000万元、3-5年以内に、一つの産業に教育を融合するセンター、七つの応用工程研究センターを作り、5-6名の全職ウクライナ院士、10名の創業団体のリーダーを導入して、50社の新材料領域の創新型企業を育つ。


 契約式では、研究院とウクライナ国家科学院表面科学研究所高級研究員、ウクライナ工程院通信院士のユリ・サモンソフが全職人材とする導入協議を提携した。ユリ院士の高分子複合材料研究が20個以上の特許を取得してある。

【印刷】 【閉じる】