ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
寧波港のコストダウン
2018-11-02フォントサイズ: A A A

    10月31日に開かれた寧波市港協調委員会の会議によると、市政府弁公庁近日が『海外貿易便利化の水準を引き上げるに関する実施意見』(以下では『実施意見』を略称する)を公布した。この意見では、2018年年末までに、寧波港の通関時間を三分の一以上に圧縮して、コンテナの取り扱いコストが一個につき100ドル以上を節約することができる。


    『実施意見』に従って、2018年年末までに、輸出入の段階の監督証明文の量を2017年より三分の一以上に減らし、セキュリティー上の需要を除いて、全べてネットを通して検査を行う。通関の時間を三分の一以上に圧縮する。2017年と比べて、コンテナの輸出入の段階のコストを一個につき100ドル以上に節約することができる。2020年の年末までに、コンテナの輸出入段階のコストを2017年より半分までに減少する。2021年の年末までに、全体の通関時間を2017年の半分までに圧縮する。企業が明らかに効果を感じ、国際貿易の便利さが顕著に上昇した。

【印刷】 【閉じる】