ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
韓培生の油絵作品の展示
2018-10-08フォントサイズ: A A A

    10月7日、「郷土醇厚」(=親しい故郷)という韓培生氏の油絵作品の展示会が老外灘の善水閣で行われた。

 韓培生、中国美術協会の会員、浙江省油絵協会芸術委員会のメンバー、浙江省人と自然油絵院の副院長。浙東油絵の代表人物として、韓培生の多くの作品には浙江省の郷土風情、村落、田んぼ、古い木、小さな橋などを多く表現している。


    今回出展した27点の作品が、韓培生が近年創作した代表作で、写実の上をベースに、もっと多くの表現主義スタールを著している。色の使いがもっと大胆で、筆触がもっと厚くて、個性が鮮明だ。73歳の韓培生が創作し続けている。毎年数十点の作品がある。今回の展示は「郷土醇厚」というテーマで、韓培生の大自然を愛する懐を表している。今回の展示が11月8日までに続く。

【印刷】 【閉じる】