ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
杭州湾新区 5Gスマート運転の応用と開発
2018-10-08フォントサイズ: A A A

    近日、杭州湾新区には、3つの5G信号タワーを建設した。吉利自動車のグローバル研究開発本部の5G信号の全面開通を実現した。これは杭州湾新区が5Gスマート運転の応用と開発が可能になった地域になったことを意味している。


    5Gの連結速度が速く、途切れないなどの特徴があるため、自動車の運転中、画像の伝送、レーザーの使用、ミクロレベルのレーダーの使用などが可能になった。運転のデータと一緒に、車両にリアリタームの情報を提供することができ、スマート運転、ないし無人運転の実現に重要な条件を提供した。


    スマート運転を新区で応用が可能のため、2018年5月吉利自動車は中国移動と戦略合作の契約を締結した。中国移動5G連合創新センターの技術を頼りによって、5Gのテストを速くさせ、展示用と商業用、二本足で5Gスマート運転のテストを推進する。行内の専門家の話によると、5Gと新区のスマート運転の結合することのおかげて、新区のスマート運転技術の研究開発がやっと順調に進むことができた。

【印刷】 【閉じる】